トラネキサム酸で美白!その前に知っておきたい事

年齢を重なるごとに気になってくるシミや肝斑(かんぱん)。放っておくとどんどん悪化していくので早めの美白対策が大切!
とはいえ、美白対策にそんなに時間をかけられないし、かけたくない!という方も多いと思います。

 

そんな方たちから、今注目を集めているのが、「飲むだけ」という手軽さで高い美白効果が期待できる「トラネキサム酸」です。

 

ここでは、トラネキサム酸の効果や副作用、さらにはお得に購入する裏技などトラネキサム酸を使う前に知っておきたい事についてご紹介したいと思います。

 

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸とは抗プラスミン作用をもつアミノ酸の一種で、医療業界では止血や炎症を鎮めるために古くから使用されてきた成分です。その後、肝斑(かんぱん)やシミへの改善効果が医学的に認められ、美容外科や美容皮膚科などで美白治療に用いられるようになりました。

 

トランサミンとは?

トラネキサム酸を調べていると「トランサミン」や「トランサミン錠(カプセル)」という言葉を耳にすることがあるかと思います。この「トランサミン」とは、第一三共という製薬会社によって製造されたトラネキサム酸を主成分とする医薬品の商品名です。また、トラネキサム酸を錠剤やカプセルにしたものは、他の会社からも発売されており、それらを総称して「トラネキサム酸錠(カプセル)」といいます。なので、トラネキサム酸とトランサミンとは同じ成分と考えて問題ありません。

 

 

トラネキサム酸の効果と副作用

 

効果

・肝斑(かんぱん)の改善
・シミ・そばかすの改善
・止血効果
・抗炎症作用(発疹やアレルギーなどによる炎症を抑える。)

 

副作用

・食欲不振
・胸やけ、嘔吐
・だるさ
・発疹

 

トラネキサム酸は、重篤な副作用はなく、副作用の発生頻度も低いため、比較的安全な成分とされています。ただし、止血効果があるため、もともと血栓(血管が詰まる症状)が出来やすい体質の方は医師に相談してから利用するようにしましょう。また、妊婦や授乳中の方も医師に相談してから利用するようにしましょう。

 

 

肝斑(かんぱん)、シミ、そばかすに効く仕組み

もともと止血や炎症を鎮める目的で使用されていたトラネキサム酸が「なぜ、肝斑(かんぱん)やシミ、そばかすを改善するのか?」その仕組みについてご説明します。

 

肝斑(かんぱん)の原因

両方の頬骨あたりに30~40代の女性に多く発生するシミ。原因は女性ホルモンによる影響と考えられており、紫外線などによるメラノサイトの活性化が発症の一因とされています。

 

シミ・そばかすの原因

紫外線や外的要因によってメラノサイトが活性化されメラニン色素が多量に生成され色素沈着を起こしシミ・そばかすになります。

 

効く仕組み

紫外線や女性ホルモンの影響などによって、メラノサイトの活性因子であるプラスミンやプロスタグランジンが産出されメラノサイトを活性化します。トラネキサム酸には、抗プラスミン作用があるため、このプラスミンやプロスタグランジンの働きをブロックしてメラノサイトの活性化を防ぎ、肝斑(かんぱん)、シミ、そばかすを改善します。

 

 

トラネキサム酸錠(カプセル)の使用方法と注意点

トラネキサム酸(トランサミン)を美白目的(肝斑、シミ、そばかす改善)で使用する場合についての使用法についてご説明します。

 

まず、トラネキサム酸(トランサミン)の内服薬には錠剤タイプのものとカプセルタイプのものがあり、1錠(カプセル)あたりのトラネキサム酸の配合量は250rと500rの2種類が用意されています。1日あたりの摂取量の目安は750r〜1500rとされており、1回あたり1〜2錠(カプセル)を2〜3回に分け服用します。

 

※第一三共がドラッグストアなどでの市販向けに販売している「トランシーノU」については、トラネキサム酸の配合量は4錠で750rなので1錠あたり187.5rとなります。

 

使用期間については、基本的に長期に渡って使用を続けても問題ありません。ただし、3ヶ月程度使用してみて、まったく改善が見られない場合は、その後、使用を続けても改善の見込みは少ないので使用は中止してください。

 

第一三共がドラッグストアなどでの市販向けに販売している「トランシーノU」では、「2ヶ月使用したら2ヶ月お休みしてください。」との記載がありますが、これは市販向けに販売するにあたって設けられた制限で、美容外科や美容皮膚科などの医療機関で処方してもらう場合にはこのような制限はありません。

 

トラネキサム酸(トランサミン)は、特に問題がなければ長期に渡って使用できる成分です。ただし、血栓(血管が詰まる症状)ができやすい方や腎臓不全の方、授乳中や妊婦の方は、必ず医師の診断のもと使用するようにしてください。

 

 

より効果的な使用方法

トラネキサム酸(トランサミン)は単体のみの服用でも十分効果は実感できると思いますが、より効果的な美白対策を行うには、美容皮膚科など利用されているハイドロキノンクリーム(美白クリーム)と一緒に利用するのがおすすめです。内側と外側からの両面からの美白ケアでより効果を実感できると思います。

 

 

トラネキサム酸をお得に購入する裏技

一般的にトラネキサム酸を購入する場合、トラネキサム酸(トランサミン)は日本では医療用医薬品に分類されているので、美容外科や美容皮膚科などの医療機関で処方してもらうのが原則となります。しかし、美白目的の場合は全額自己負担となるため、それなりのお値段が掛かってしまいます。

 

もしくは、第一三共が一般向けに市販しているトラネキサム酸の配合量が少ない「トランシーノU」であれば、ドラッグストアなどで薬剤師の説明を受け購入することができます。
ちなみにトランシーノU【240錠入り/1日4錠で60日分】は、定価6,804円(税込)で実勢価格は6,000円前後です。

 

しかし、実はもっと手軽にお得にトラネキサム酸錠(カプセル)を購入する裏技があります!!
それは、個人輸入代行サイトでの購入です。

 

その理由は、海外ではトラネキサム酸の購入に関して日本のような制限はなく一般的に購入できます。そのため日本の美容外科や美容皮膚科で処方されるのと同レベルのトラネキサム酸(トランサミン)が手軽に安く購入できるのです。

 

ただし、個人輸入代行サイトの注意点として海外から商品を注文するカタチになりますので、信用あるサイトの利用が最も大切です。

 

そのため、個人輸入代行サイトで購入する場合、業界最大手サイトで19年以上の実績のあるオオサカ堂の利用がおすすめです。面倒な手続きもなく全品送料無料で価格も大変お買い得です。

 

 

日本で市販されているトラネキサム酸(トランサミン)
  • トランシーノU【1箱240錠】
    ※実勢価格:6,000円前後
    ※1日750r摂取する場合4錠(60日分
    ※1錠あたり187.5r配合

 

オオサカ堂で購入できるトラネキサム酸(トランサミン)
  • トラネミック250r【1箱240カプセル】
    ※販売価格:3,153円
    ※1日750r摂取する場合3カプセル(80日分
    ※1カプセルあたり250r配合


  • トラネミック500r【1箱120カプセル】
    ※販売価格:3,041円
    ※1日750r摂取する場合1.5カプセル(80日分
    ※1カプセルあたり500r配合


  • 【海外版】トランサミン250r【1箱100錠】
    ※販売価格:2,187円
    ※1日750r摂取する場合3錠(33日分
    ※1錠あたり250r配合


  • 【海外版】トランサミン500r【1箱100錠】
    ※販売価格:3,829円
    ※1日750r摂取する場合1.5錠(66日分
    ※1錠あたり500r配合

 

 

オオサカ堂では、トラネキサム酸(トランサミン)の内服薬として、第一三共の「【海外版】トランサミン 250r/500r」と海外製薬メーカーの「トラネミック 250r/500r」を取扱っています。
トラネキサム酸(トランサミン)の内容量で比較した場合、80日分(1日750r摂取時)で3,041円の「トラネミック 500r」が最も安くなり、日本で市販されているトランシーノUの半額以下で購入できることになるので大変お得です。
また、使い勝手の面を考えると、トラネミック 500rと値段がほとんど変わらない「トラネミック 250r」のほうが飲む量を調整しやすいので便利かもしれませんね。

 

>>一番お得!オオサカ堂のトラネミック(250r/500r)はコチラから

 

>>オオサカ堂の【海外版】トランサミン(250r/500r)はコチラから

 

 

オオサカ堂ではトラネキサム酸と一緒に使用すると効果的な、美容皮膚科などでの美白治療でも使用されているハイドロキノンクリームも購入できるので、より確実な効果を期待したい方はトラネキサム酸と一緒にハイドロキノンクリームの購入もおすすめです。

 

>>オオサカ堂のハイドロキノンクリームはコチラから