肝斑やシミなどに効くとされるトラネキサム酸。その効果とは!?

年齢を重ねたり、紫外線による日焼けなどが原因できるそばかすや肝斑などのいわゆるシミ。シミには人それぞれタイプが異なります。そんな肝斑やシミなどの有効とされているのが「トラネキサム酸」です。

 

トラネキサム酸は、アミノ酸リシンを元に人工的に合成されたアミノ酸の一種で、メラニンの生成や炎症を抑える作用などが認められており、シミやそばかす、また肌荒れなどの予防策として効果を発揮すると言われています。

 

「トラネキサム酸」とはいったい何なのか?
初めて聞くという人も多いかと思いますので、今回はトラネキサム酸について詳しくご紹介します。

 

 

トラネキサム酸とはいったい何?

トラネキサム酸というのはアミノ酸の一種です。トラネキサム酸はもともと、抗炎症や止血剤として医療の現場で使用されてきた薬です。またトラネキサム酸は、じんましんなどの治療薬としても使われることがあったのですが、じんましんで処方された患者さんから、なにやら肝斑にも効果があるとわかったのです。
その後は肝斑などの改善薬としても使用されるようになり、現在ではシミやそばかすなど美容成分としてもトラネキサム酸は広く使われているのです。

 

 

トラネキサム酸はなぜシミに効果的なのか

人は紫外線を浴びるなど刺激を受けることにより、その紫外線から肌を守ろうと「メラニン」を作りだそうと働きはじめます。そのメラニンこそがシミのもととなるもので、メラニンが過剰に生成されると色素沈着を起こし、結果シミとなるのです。

 

そんなシミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果があるのがトラネキサム酸なのです。

 

肝斑にもトラネキサム酸は効果的です

肝斑の特徴は、ほほ骨周辺にぼんやりと比較的広い範囲に広がるシミなようなもので、発症のひとつの原因ともされているのがメラノサイトの活性化で、なかでもタンパク質分解酵素である「プラスミン」が大きな要因だとされています。

 

一方で、このトラネキサム酸というのは抗プラスミン作用があり、さらにメラノサイトの働きを抑制する効果があり、肝斑の発症を抑えるとされています。つまりはシミが発症する前に、未然に防ぐという効果が期待できるのです。

 

ただ、肝斑には女性ホルモンの乱れも発症の要因のひとつとして含まれているため、発症の原因が女性ホルモンの乱れだとすると、トラネキサム酸は効果的ではありません。

 

 

ポイントとしてこれは覚えておきたい!

これまで紹介してきたトラネキサム酸ですが、シミや肝斑に効果があるとされる一方で、副作用やトラネキサム酸自体摂取してはならない人もいますので注意が必要です。

 

トラネキサム酸は比較的副作用が少ない成分とされていますが、「食欲不振」「胸やけ」「嘔吐」など、場合によってはこのような体調不良が起きる場合があります。そのような症状があらわれた場合は使用を中止し、すみやかに専門医に相談するようにしてください。また、妊娠や授乳中の方につきましては、使用を開始する前にしっかりと医師または薬剤師などに相談するようにしてください。