肌に出来てしまったシミ!トラネキサム酸で治せるのか?

肌の美白といえば、塗り薬からレーザー治療までその治療方法は様々ですが、なかでも市販の薬局でも販売されており手軽に手に入る「トラネキサム酸」という薬があるのはご存知でしょうか?このトラネキサム酸も美白などに効果があるとされているのだが、実際どのような効果が期待できるのかを詳しく見ていきましょう。

 

 

シミの改善策に有効なトラネキサム酸とは?

肌に出来るシミといってもいくつか種類があり、紫外線による「黒シミ」、比較的広範囲にぼんやり出来る「肝斑」、「そばかす」、炎症を起こした後の「色素沈着」などがあり、そのようなシミを治すにはレーザー治療を用いる場合などもありそれぞれ治療法も変わってきます。なかでも肝斑などのぼんやり色がつくシミの場合、レーザー治療はあまり効果的ではなく、もっとも効果的だと言われているのが「トラネキサム酸」を服用する方法です。

 

このトラネキサム酸は美容目的として開発された薬ではなく、湿疹やじんましん、また止血剤や抗炎症剤などとして処方される薬ですので、例えば喉などが痛くて病院へ行った際、医師から処方された薬がトラネキサムだった。なんていう方もいらっしゃるかもしれません。
このように、トラネキサム酸という言葉だけを聞くとあまり聞いたことがないという人が多いかもしれませんが、一般的に広く使用されている薬なのです。

 

 

どのようなシミにも効果的?

確かにトラネキサム酸はシミやそばかすなどの改善策として効果的な薬ですが、すべてのシミに効くというわけではございません。ではどのようなシミに効果的なのか?というところですが、もっとも効果的なシミは、左右対称に頬のあたりに発症するぼんやりとした茶色っぽいシミ、いわゆる肝斑です。トラネキサム酸はシミの原因となるメラノサイトの働きを抑制する効果がありますので、肝斑治療にもっとも適した薬であると言えるのです。

 

では、肝斑以外のシミにも効果的か?というところですが、肝斑以外のシミに関してはあまり効果が認められないというデータもあるようで、現状では肝斑のシミ治療に対して使用されるこが殆どです。

 

 

トラネキサム酸の副作用とは?

トラネキサム酸に限らず、服用する薬に対し副作用があるかどうかはとても気になるところです。実際トラネキサム酸も副作用が全くないというわけでもございませんので、しっかりと覚えておいてください。

 

まずトラネキサム酸というのは、出血を抑える目的で用いられることが多く、例えば手術後の止血の際などに使われています。そのため、血液の流れをよくするプラスミンの作用も抑えてしまうので、血が固まってしまい血管が詰まるというリスクが考えられます。ただ、肝斑にトラネキサム酸を用いて治療をしても、過去に血栓が出来て血管が詰まってしまったという事例は一度もないので、肝斑治療には問題なく服用することができます。

 

とはいえ、血管が詰まりやすい病気を患っている方や、もしくは患ったことのある方は極力使用を控えた方がよいかもしれません。
いずれにせよ、服用する際は医師の診断のもと、容量用法を必ず守り適切に服用するようにしてください。

 

 

外用薬でも効果的?

トラネキサム酸の効果は内服薬だけではなく、最近では外用薬でも肝斑や美白効果も期待できるという実績が増えてきています。また、美白効果のある「ハイドロキノン」よりも、かぶれなどの副作用が少ないというデータもありとても使いやすく効果的です。

 

このように肝斑などのシミ治療は、トラネキサム酸の内服薬だけでなく、外用薬でも効果が期待できるので、気になる方は一度皮膚科の医師に相談してみることをオススメします。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。特に女性にとってシミやそばかすなど、無いに越したことはありません。
最近ではシミなどに効く化粧品などもたくさん販売されていますがやはり日頃から紫外線を直接浴びないように対策をすることが最も重要です。それでも肝斑などのシミが出来てしまった場合は一度皮膚科で診察を受けるようにしてください。