トラネキサム酸の効果とその副作用とは

現在では美白効果も認められているトラネキサム酸は、様々な美容化粧品などに取り入れられておりますが、もともとは止血を目的として開発された薬で、その多くは医療の現場で使用されておりました。また、トラネキサム酸には抗炎症作用や抗アレルギー作用のある成分もあることからアレルギー症状や口内炎などの治療薬としても処方されることもあるのです。
このように、もともとトラネキサム酸は止血を目的として開発された薬ではありますが、いつの日か肌に発症する肝斑などシミ改善にも効果を発揮するということがわかり、以降トラネキサム酸は肝斑の治療薬としても用いられることになったのです。

 

 

肝斑とは何か?

肝斑は頬骨あたりや目じりの下などにシミのようなものが左右対称にぼんやり薄い褐色で比較的広い範囲に広がったように現れるという大きな特徴を持っています。
また、発症するのは30代から40代の女性がもっとも多く、その原因のひとつに女性ホルモンのバランスの乱れが関係していると言われております。

 

そんな肝斑もトラネキサム酸を服用することで徐々にシミも薄くなるなど改善効果も高く、皮膚科で診察した際よく処方されるほど信頼性も高い薬です。

 

 

肝斑治療薬として効果を発揮するトラネキサム酸

先程も記述しましたとおり、トラネキサム酸は肝斑の治療薬として高い効果が期待できます。また、肝斑はシミやそばかすなどと違いレーザー治療で治すことができず、かえってシミが悪化してしまうと言われており、これまで肝斑が発症してしまった場合はこれといった治療法がありませんでしたが、現在では肝斑の治療法にはトラネキサム酸の服用が効果的であると判明したことから随分と改善効果が得られるようになりました。

 

ですので、「もしかして肝斑?」かもしれないという疑いがあるようでしたら、それが本当に肝斑であるのかしっかりと病院(皮膚科)に行き、適切に診断してもらうようにしてください。自分で肝斑だと勝手に判断し、トラネキサム酸を服用してもあまり意味がありません。というのも「肝斑には肝斑」そして「シミにはシミ」というようにそれぞれ治療法が異なるからです。ですので、それがシミなのか、それとも肝斑なのかをしっかり見極めることがもっとも効果的でとても大事なことなのです。

 

皮膚科で診断してもらい、そのシミの種類が肝斑と診断された場合はトラネキサム酸を含む内服薬が処方されるかと思いますので、およそ2ヶ月ほど服用すると徐々にシミも薄くなってきていると実感できるかと思います。

 

なお、肝斑の原因は女性ホルモンの崩れによるものだと言われておりますが、紫外線対策もしっかりとするようにしてください。紫外線などにより肌が刺激されるとプラスミンが働き、そこからメラノサイトのメラニンが生成され、シミが増えたり濃くなったりする可能性があります。外出する際はしっかりと日焼け止めなどを塗るなどUVカット対策も必要です。

 

 

トラネキサム酸に副作用はあるのか?

トラネキサム酸を服用したいが副作用も気になる。と思う方も多いかと思いますが、トラネキサム酸に関して副作用は非常に少なく、とても安全な薬であると言われております。とは言え、冒頭でも記述しましたがトラネキサム酸には止血作用があります。

 

止血作用があるということは血が固まりすく、血栓ができやすいということが考えられます。また、心筋梗塞や脳血栓、また血栓性静脈など血液に関する持病がある方や過去にそのような病歴がある場合は必ずそのことを医師に相談するようにしてください。

 

それから、稀に吐き気や食欲不振になる場合もあるとされておりますが、それは一時的で時間が経てば治まるので、あまり心配する必要はありません。いずれにせよトラネキサム酸を服用する際は必ず医師の診断を受けてから服用するようにしてください。